--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.02.09

TAMRON A20 の可能性

007a.jpg 

当ブログには撮影データを掲載している。単に公開するだけでなく、自分自身の確認・反省のためにも行っている。

その中でも特に目立つのは「TAMRON A20」だろうか。

レンズメーカーとその型番を示すのだが、

フルサイズ用のイメージサークルを持ち

強力な手ブレ補正能力を備え

28~300mmの焦点距離に対応し

マクロも得意

という半ば冗談の様なスペックである。

暗くはなるのは当然として、写りの方もメタメタなのだろう・・・と思っていたのだが、ご覧の通り。短焦点・長焦点一杯、といった両端で少々描写力は落ちるが、こういった中焦点では侮れない実力を見せる。

勿論、単焦点に比べればヌケは全然だろうが、画質に多少目をつぶってしまえばこの利便性は捨てがたい。いくら静物撮影とはいえ、オーナー氏がいつ飛び立ってしまうか分らないこの状況では、レンズ交換をしている場合では無いからだ。

さて今日の画。

広角側で近づいては車の前側ばかりが強調されてしまうので、ちょっと離れてみる。すると、ご覧の様な緊張感のある画が撮れた。ルームミラーとリア・ウインドーの位置関係もいい感じ。ドアミラーとガードレールのそれも・・・ま、いいんじゃないの?

ナニ?ガードレールの存在がうるさいって?この暗いレンズじゃ、絞り開放値は高が知れていて後ボケ不能。車体をガードレールから離すって・・・そんなの無理。(^^; やはり、明るい単焦点じゃなきゃ。。。

結局はこの一枚しか撮っていないのだが、何気なく撮った一枚がたまたま決まるのって、結果オーライだろうけど、それじゃ困るんだよねー。

ドアミラーとガードレールの位置関係も、PCで見て初めて分ったこと。狙って撮れる様にならなければいけないんだよなー。p(´⌒`q)

NIKON D700
+TAMRON A20 28-300mm F3.5-6.3

JPEG撮って出し 最低画質 最小サイズ
露出プログラム:絞り優先
ピクチャーコントロール:ビビッド
シャープネス:ハード(7段)
ISO感度:自動制御
1/320秒 F8 ISO 200 ±0EV WB:晴天 155mm


スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://kkohboh.blog111.fc2.com/tb.php/213-fdf901fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。